読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がり続けるマトリョーシカ“ninaの旅ブログ”

3ヶ月に一度は日本に帰りたいパッカー。じわじわ世界一周する気。インドとロシアがお気に入りの三十路半ばの♀。

外宮へ!2016年初詣レポート


新春スペシャル、初詣&人生初神宮参拝リアルタイムレポート!

と意気込んでたのですが

結局移動でレポートどころじゃなく帰ってきてからの日記です!
(帰ってきてお風呂に浸かりながら、あちこちで無料で手に入る神宮解説パンフレットを読んでました。)

『お参りは外宮から!!』

はい。

ちゃんと外宮から参りましたよ!


というか、わたし、

しりあがり寿の名作『弥次さん喜多さん』の印象が強すぎて

お伊勢さんて、

行けども行けども辿り着かない

夢の聖地……

しかし、一生に一度はまいらねばならない日本人にとってのメッカ(←)

というイメージが着いていて

そもそも本当にたどり着けるのか心配でした(^o^)…


完全にフィクションに刷り込まれてました。


内宮に比べてちょっと控えめなイメージの外宮。

でも、天下のお伊勢さんだから…!

と思いながらも、参道は想像以上にレトロな趣き!

駅前には右翼さんたちが演説してらっしゃるのを横目に、

伊勢うどんの暖簾が並ぶ通りを歩いていく。

思ってたよりぎょうきょうしくなく穏やか。

ぶらぶらしながら歩いても伊勢市駅から8分くらいで直ぐに鳥居が見えてきました。

鳥居の手前に

『ガイド無料』ののぼりが目にとまりました。


初めてだし、解説してもらうのもいいかも!

と、ふだん独りで見て回りたい私にしてはめずらしくそんな気分。

定時の時間までに何人か集まったら行くような、ミニツアーかな?と思いきや


なんと、『一対一』で、個人ガイドをさてくださるのですと。

しかも『すぐご案内できますよ!』との事でお願いしました。

結果的にはガイドして頂いてすごくよかったです。

初めてという事もあり、またガイドさんはお決まりの口上をただのべるだけではなくて、

それぞれが『お伊勢さん(または神社)マニア』なんでした。

わたしを担当してくださった方は特に

『私は鳥居が大好きで…鳥居の写真を全国撮り歩いてるんです…!

だから、今日は鳥居のことを念入りにお話ししてもいいですか?!』

という面白い方で(笑)。

そういう人間味のある感じでお話ししてくれるのでとても面白かったです!

勿論、初歩的な基本的なことも一緒に歩きながらガイドしてくださるので

外宮を歩きながら内宮との違い、
また名古屋の熱田神宮や京都の神社との関わりなども話してくれて

外宮以外のことも含めて興味を持たせて貰いました。

帰ったらお伊勢さんを踏まえて他の神社にもお参りしたい!

という気持ちになりました。


面白かったのは、ひとりの神様のなかに
行動的なタマシイ(あらみたま)

落ち着いたタマシイ(にぎたま)

の両面があって

それぞれが別のお宮に祀られているというお話し。

行動的な『あらみたま』のお宮には、これからの自分のポジティブなお願い事をすると良いんですよ。

と教えてもらったので、

初参拝のご挨拶とともに
今年も良い旅ができますように!的な事をお願いしてきました。

もはや旅は生活と共にあるので、活動を見守ってくださるならこころづよいです…。



それにしても緑が溢れててすごくいいところです〜。

初めの鳥居をくぐるあたりから、

爽やかなヒノキの香りがするのにも感動!


凡庸なわたしでも清らかで明るい気分になります。

陽射しもとても暖かくて

歩いていて気分がよかったです。


日本の自然と、神社は本当にきれいだなぁ…と


当たり前でまっとうで、

ふつう−の事を思わせてくれました。



そういうところがお伊勢さんのお伊勢さんたるところなのかも。



お正月なので、おめでたい雰囲気に溢れてたのも素敵でした。

人は多いものの、不思議と不愉快な感じもなく、


参拝をおえたあとには

お神酒もいただきました。


美味しかった…です(⌒///⌒)。。


このあと、内宮の参拝後にもお神酒頂いたら

わりとフワッとしました(笑)

縁起モノだから!いいよね〜。


お正月だ〜〜。


仕事してた事もあり忙しいだけで
全然正月の当事者である気分がなかったけど、

一気におめでたい晴れ晴れしい気持ちになれました。

来て良かった!(^o^)

もっと早くくればよかったな。

楽しいガイドさんの話もあって、また来たいと思えました。

(6月が穴場だそう。)

一時間半も一緒に歩いてくれたガイドさんにお礼を言ってお別れ、


次はいよいよ天照大神のお住まいの内宮へ向かいます。

外宮前からお正月は頻繁にバスが出てるので楽々移動。