読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がり続けるマトリョーシカ“ninaの旅ブログ”

3ヶ月に一度は日本に帰りたいパッカー。じわじわ世界一周する気。インドとロシアがお気に入りの三十路半ばの♀。

あぁ車掌さん!(ロシアの女)〜プラツカルトのお母さん


片道22時間ごえ長距離を寝台列車

カザンへ向かうプラツカルト乗車レポート続きです。



ひとつの車両(вагон ワゴン)につき、

ひとりの『車掌さん』がいる。



車掌さんは大抵女の人で如何にもな制服を着ていて雰囲気がある。

『切符を拝見』

長い夜行列車では、車掌さんは担当するワゴン客皆の切符を預かり、

降りる駅の前では声をかけて知らせてくれる。

そういった車掌さんらしい仕事のほかにも、

シーツを配ったり、お菓子やお茶を売ったり(売り歩くのではなく欲しい客が車掌室まで頼みに行く)、

誰かがジュースをこぼせば雑巾を用意し

時にはほうきを持って、みんなのパン屑を片付けて回る。
(定期的に専門のお掃除の人もまわってくる。だから基本的に車内はとてもきれい)


彼女は車内の皆んなにとても頼りにされていて


何だかお母さんぽい。

わたしもいきなりシート(ベッド)にクヴァス(わたしの好きな黒パンジュース)こぼしてしまい。

車掌さんに見つかって


『オー…(´・д・`)あなた…』

と言われるも


『す、すみません…(。-_-。)』

と謝るわたしに

怒りもせずにテキパキと新しいカバーを持ってきて取り替えて

『はいはい。

あなた、ねる時はこっちを使うんですよ。毛布はここよ。』

と何事もなかったかのように

2段式のベッドをガタンと降ろして組み立ててくれた。




ロシアの女の人は大抵強くて無表情。



お店の店員さんはニコリともしないし、


ホステルで同室の女の子もあまり話さずクールな事が多い。
(ニコニコと愛嬌ある子もいるけど。)

蚤の市で値切っても、おじさんは何処となくひょうきんだけど

相方のおばさんは

『なに値段っ?!200ルーブリ!

なに負けろ?

駄目駄目!!』


みたいにつっけんどん。

しかも、怒ってるんじゃなくてこれが通常運転なのね(^◇^;)


公園で寒い中井戸端会議してるおばあちゃん達も

なんか喧嘩してるのか、

と思うほどの口調で

低い声で、でもずぅーっと話してる。(たぶんさほど重要じゃない世間話や、お金の苦労の話)


でも、妙な面倒見の良さを発揮してくれてびっくりする事がある。




たぶん全般的にロシアの女性は面倒見がいい

若い人も。

共通する何か、


おっかさんだましい

みたいなところがある。



道を聞いたら、ロシアのおばさんは、

ぱっと腕を組んできて

『ごらん、あっち、あの交差点。わかる?!

アンタ、本当にわかってる?!

そこを右!そして次を左!』

みたいな。急に腕とか組まれると距離が近くて

日本人はびっくりしちゃう。

そのまま腕を組んで付いてきてくれる事もある。

車掌さんは


公務員なのかな?

いつ寝るのだろう?交代するの?

存在的には、宿屋のオカミさん的な雰囲気がある。



たぶん、ロシアの鉄道(シベリア鉄道?)をモデルにしただろう『銀河鉄道999』で、車掌さんが重要な親しみやすいキャラクターをしてるのは、このソ連から続く“なんでも応えてくれる車掌さん”のイメージが少しでも入っているのかも知れない。

あと、クールな美女ながらも母性を感じさせるメーテルはロシアの女性ぽい。


ロシアを眺めてると『おばあさん』がすごく存在感あって、
尊敬されてる感じがする。

話した不良っぽい男の子も、
インテリの女の子も、
皆ばあちゃんにはアタマが上がらないみたいだったし、
すごく敬愛して大事にしてる風だった。


電車がしばらく停まる駅には、両手いっぱいに売り物を抱えた
おばちゃんやおばあちゃん達が待ち構えてる。



自家製干物〜燻製〜美味しいのよ〜。買って。

何も買わせて貰うものはなかったんだけど、

彼女達を観ていて本当に飽きなかった。


生きるちから』!

わたしは生きるちからのある姿が好き。


あぁロシアの女の人たち。

家族に居たらきっとすごく心強い。

だけどきっとすごく繊細で優しい。


プラツカルトで眠る夜は、車掌さんが見守ってくれている中での安心感がある。

これは、インドや中国の寝台列車には無かった不思議な感覚。




遠回りしてまでわざわざ行くべきか、かなり迷ったプラツカルトの旅は、
結果的にすっごくロシア〜な空間で

ずっと飽きる事なく、乗って良かった(^^)
(去年の夏にも別路線で乗ったんだけどね)



きっと読んだあなたも乗りたくなったはず!

シベリア鉄道が有名だけど、普通に他の路線移動も選択肢にはありますよ。

ロシアさんはひろい!とても!

応援のバナークリックとコメントお待ちしています!↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ロシア
にほんブログ村 旅行ブログ ロシア旅行へ
にほんブログ村