読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転がり続けるマトリョーシカ“ninaの旅ブログ”

3ヶ月に一度は日本に帰りたいパッカー。じわじわ世界一周する気。インドとロシアがお気に入りの三十路半ばの♀。

ルアンパバーンの天才に恋して。

バンコクで時間があり、

いい感じのWi-Fi環境もあるので、

ラオスで書きかけてた日記をアップしときます。

はやラオスも5泊目。

しかも今回はルアンパバーンにしか滞在せず。

(前回はもっとラオス北部も歩いたので)


さばぃでぃー。

のんびーりした(ねっちょりとした)抑揚のあるこの挨拶もすっかりお馴染み状態です。

わたしが今回、ラオスルアンパバーンに帰ってきたのには理由がありました。


わたしは、4年前のルアンパバーンで出会って以来、ずーっと、

忘れられないお方がありました。


f:id:namasutenina:20160405213713j:plain


この方です!


ルアンパバーンナイトマーケットの天才おばさん

f:id:namasutenina:20160407184638j:image

ルアンパバーン ナイトマーケット 天才 おばさん)とかで適当に検索するとヒットする。

皆んな、気づいてるんだなぁ…

ルアンパバーンナイトマーケットの天才おばさんは。


なんだかおかしな手作り人形を

このお土産物市で売っている、

少数民族出身の方なんですが…!


だって作品がこんな感じ。


ばーん


f:id:namasutenina:20160406153525j:plain

↑たましい?

ぎゃー!やばい(最高)


どーん!

f:id:namasutenina:20160406154641j:plain



どどーん!


f:id:namasutenina:20160406153646j:plain


すごいよ!(歓喜)

こわいよ!(畏怖)


どうですか。


f:id:namasutenina:20160406154815j:plain


つたわりますか!


f:id:namasutenina:20160406154918j:plain


このビリビリ来る感じ。

f:id:namasutenina:20160407185334j:image

メコン川に住んでるんだろうな

ラオスの精霊や、伝説に出てくるキャラクターを天才おばさんなりに解釈するとこうなるようです。


ただヘンテコリンなだけじゃなくて、神がかってるよなぁ。

f:id:namasutenina:20160407185225j:image

ひこうき…らしいです。

ナチュラルなすごみがありますよね。


これぞ天性の才能。


4年前に来た時に、祭りの夜店気分でナイトマーケットをぶらぶらしていて、

このおばちゃんの店の前に来た途端、

あまりの作品の『ホンモノのオーラ』に雷をくらって、店の前に座り込んでしまったのですよ。

f:id:namasutenina:20160407185527j:image

ラオスの伝統的な織物や民芸品やラオスコーヒーなど普通のお土産が並ぶナイトマーケットの中で、彼女のお店は明らかに異彩を放っていました。

(わかる人にしか伝わらない異彩かもしれないけど)

いわゆるアウトサイダー・アート系(アートブリュトとも言われる)のアーティストと言えると思うんですが、

えもいわれぬ狂気と生命力にわたしは萌えまくり。


f:id:namasutenina:20160406155107j:plain

(僧侶ォ…脚…!)

あの時も2回に分けて通って、ほぼほぼ、作品を買い占めてしまったんです。


このおばちゃんは間違いなく天才だー。


技術的にはうまいのか雑なのかよくわからない。

f:id:namasutenina:20160407190727j:image

でも、しっかりと綿が詰められて自立する動物の造形には、普段間近で生き物を見慣れている人ならではの、観察眼やリアリティを感じさせられる。

f:id:namasutenina:20160406155257j:plain


アタマが二つあったり、身体が分裂してたり、シュールで可愛く、天然の凄みを感じさせるオーラがあるのが彼女の作品。


ひっくり返すとアタマがもう一つある。f:id:namasutenina:20160406155418j:plain



おばちゃんは『とぅーヘェーッド』と独特のなまりのある英単語で説明してくれます。


f:id:namasutenina:20160406155514j:plain

(裏返し)



『オトサン、オカサン、コドモー』

f:id:namasutenina:20160407190955j:image

『ニマンゴセン!』など、ごく簡単な日本語も理解されてますが、基本的に英語も単語程度だけです。


日本語を知ってるところからも察せられるように


天才おばちゃんの作品は妙に

日本人旅行者の心の琴線に触れるらしく

ルアンパバーン ナイトマーケット 天才)とかで検索すると、

結構この天才おばさんの人形がヒットする。


長きにわたって活動されてるうちに旅人の間で評判になってきてるのか

ブロガーさんによっては

「変な人形を作る人が居るらしい」と

あらかじめこの天才おばさんの存在の情報を持ってから

ルアンパバーンへ行ってる人までいる。


どうやら日本の雑誌にも取り上げられた事があるっぽい。

(雑誌の切り抜き写真的なものがクリアファイルにペラっと入って店の前に置いてある。)

取材!先を越されたぁー!

実は作品を好きすぎて、どんな環境で作っているのか知りたくなり

『出来たら、お家を見せてください…』とお願いしたのですが断られちゃいました。

失礼な事を言ってしまっただろうか。

ラオスには主たる宗教の仏教の他に、精霊の存在やシャーマンが今も信じられているそうなのでこの方もある種の神がかりなのかも。

この天才おばさんご自身の雰囲気というかキャラクターも何となく変わってるというか、ただモノでないというか、アウトサイダーな感じの人で、

(一見ふつうの素朴なおばさんなのですが)

天才ならではのおおらかさやチャーミングさがあり


わたしは本当にファンなのです。


ラオス、なんだかんだで来るのに結構なお金も労力もがかかるんだけど

(作品はひとつ300円くらいだけど飛行機代や日本に送った送料も考えると、万札何枚か飛んでる!)

それでも来てしまうのは

もう、こういうのって『恋は盲目』みたいな感じなんじゃないかな。

作品みれたら、苦労が吹っ飛ぶし、

離れてしまうと、度々すごくきになる。

いてもたってもいられなくて

相手は遠いラオスにいるというのに

(≧ ≦)

憧れの天才様とツーショットできて嬉しい。

f:id:namasutenina:20160406161240j:plain


わたしはぜんぜん恋愛方面にパワーが出ないので、そういう本能が全部、天才への敬意や芸術への執着で消費されてる気がします。。。

出会ってしまったからには、会いに行きたい。

わたしはこの世で

天才が、なにより好きなんだな。


(余談になりますがわたしはアウトサイダー・アートが本当に好きで、無料配布のフリーペーパー『流星』というのを発行していました。

http://www4.airnet.ne.jp/fumble/ryusei_web/about.html

↑ここから読めます。人形特集はまだ在庫あり

いまは発行休止状態ですが…

本当に好きなのでまたアウトサイダーアートについてはちゃんと書こうかなぁ。)

天才おばさんネタ つづくかも。


でも、舞い上がってしまってあまり聞きたい事もきけず、

今思えば少しは片言でもラオス語を(歩き方に乗ってる程度でも)覚えていけばよかった。

好きってアピールするだけでなくてもっとちゃんとコミュニケーション取る方法があったのではないかと、反省もしてる。

誰得な看板


f:id:namasutenina:20160407182820j:image

マ ン ニ エ グ ジ ェ ン

(°_°)?

えっもしや…まねーえくすちぇんじ?

money Exchangeを日本人に伝えたかったのか?

もはや誰の為にもなってない!!

掲げた人の自己満足と、日本人への壮大なツッコミ待ちの機能しかない。

タイだけどインド人街なのでグラサンかけたインド人が写り込んでるのが和む。

すごいティーシャツ(バンコク繊維街ぶらぶら歩き)


今日の予定は夜にスワンナプーム空港について20:40の飛行機に乗るだけ。

特に目的も用事なく…下町をぶらつくことにしました。
f:id:namasutenina:20160407151730j:image

↑すごい(笑)。
f:id:namasutenina:20160407151825j:image

下町の商店街です。高層ビルの建ち並ぶエリアとはまた違った活気があっていいですね。

f:id:namasutenina:20160407151926j:image

なんとなく東京上野って感じ。

f:id:namasutenina:20160407152035j:image

朝がマンゴーとケーキ半分では物足りなかったので、屋台で麺を注文しました。

f:id:namasutenina:20160407152140j:image

ワンタン麺、汁無し、麺は油和え。

タイフードは自分好みに注文を色々付け足して良いと聞いていたので

身振り手振りで

「ワンタン麺、スープ別づけ、肉はチャーシューじゃなくてコッチの赤いやつ。」

と、オーダー屋台のおじさんはニコニコとうなづいてくれ、

ちゃんと


要望どおりの麺が出来てきて嬉しい。

f:id:namasutenina:20160407152403j:image

そのままぶらぶらしてると、
f:id:namasutenina:20160407152549j:image
巨大な繊維街の中に入ってしまいました。

f:id:namasutenina:20160407152511j:image

今のタイではやたらコムデギャルソンのニセモノが流行ってる。

f:id:namasutenina:20160407152646j:image
HOT!てポップついとる〜。

なんか、コムデギャルソンのことはみんな知ってるのか、知らなくても流行ってるからいいのか、知っててもあれのつもりで着てるのかどうか、
もう別にブランド物のパクリとかそういうの超えて流行ってるきがする。

みんなとにかくよく着てた(^◇^;)

繊維街でワッペンだけ色々売ってる店があったので、

ひとつ買ってしまった…。
f:id:namasutenina:20160407154930j:image

エセでギャルソン。

どーすんのこれ

日本で冗談として使えるのか、

もうひたすらダメな感じになるか。


あとこちらのTシャツ

f:id:namasutenina:20160407152851j:image

卓絶した/56th/JPN
ティーシャツ

この、全部まちがってる感じがすごくいい。(^o^)

おそらく英国のスーパードライ(間違った日本語がロゴに使われてる)ってブランド物の雰囲気だけ真似してるのかな。

かなり欲しくなったけど、サイズと色がが合わなかったのと、

値段が所持金より高かったのであきらめた。

日本で着たかったな〜(笑)。

ニセモノって、そっくりにして本物のていで売るのは頂けないけど、

もうそれっぽくしただけです!
こうですか!わかりません!
みたいのは変な愛嬌を感じてしまうわ〜。

f:id:namasutenina:20160407153349j:image

もう、迷路みたいに服屋さんばっかりひしめいていて、

しかもお客も働いてる人もすごく多くて

原宿とアメ横を足して
2で割らなかった感じ!

f:id:namasutenina:20160407153451j:image

平日なのになんでこんなに買い物客多いんだろ〜。(^◇^;)

バンコクは電車も東京並みの満員電車。

食べ物、化粧品、電化製品にデパートにキャバクラ、風俗…
日本のモノはびっくりするくらいなんでもそろってるバンコクだけど、実際住むのは大変そう!

暑いし。(^◇^;)

今回のタイでわたしがハマってるのはこのドリンク。f:id:namasutenina:20160407153745j:image

100パーセントココナツジュース。

ココナツミルクじゃなくて、ヤシの実に溜まってる水分の、透明のジュースの方。ココナツフレーバーのポカリみたいで、汗をかいた時おいしい。

お茶以外のモノを飲みたい時、タイでジュースをうっかり買うとものすごく甘すぎて辛いので

このあっさり爽やかなココナツ100パーセントドリンクに助けられました。


ひとり歩きもやっぱりいいな(バンコク)


緑あふれるルアンパバーンラオス)から

大都会バンコク(タイ)へ戻ってきました。
宿の物干し台からの風景。都会や〜。
f:id:namasutenina:20160407105954j:image


ラオスから持ち込んだオヤツで朝ごはん
f:id:namasutenina:20160407110048j:image

マンゴーと、パイナップルケーキ

本当はラオスから陸路移動してくるはずだったんだけど

なぜかどうしてもモチベーションがあがらず、
6000円以上するチケットをキャンセル
(返金不可)。

さらに9000円の飛行機を使ってしまいました。

金額的にはあり得ない…!(ノ_<)

でも、自分の中でなんかこうだったみたい。

昨日の夜にバンコク帰着。

f:id:namasutenina:20160407110411j:image

ラオスの前は本当にバンコクの中心地ど真ん中しか歩いてなかったので、
ちょっと奥に入った所を歩くだけで別の街に来たみたいに感じる。

ど真ん中からやや中に入った下町風の地域にあるホステルにチェックイン。

空港にアクセスの良いRatchaprarop駅が最寄りです。

f:id:namasutenina:20160407110754j:image

夜でも昼間みたいにネオンが照らす、日本の新宿以上にキラキラビカビカのバンコクしか見てなかったので、

少しネオンが少ないだけで印象がずいぶん違う。

f:id:namasutenina:20160407110411j:image

これでもぜんぜんネオン少なめ。
下町感がある。

H&M』ならぬ『A&T』発見。

f:id:namasutenina:20160407111026j:image

オリジナルの服もある!(^◇^;)
f:id:namasutenina:20160407111057j:image

何故かこの辺りはリトルインディア(印度人町)らしく、

印度人がよく歩いてるし、インドレストランが立ち並んでる。

f:id:namasutenina:20160407111200j:image

ジャイナ教徒用レストランが…!!
日本には無いかも?

萌える!(いんど好き)

止まってるトゥクトゥクも、なんだかインドのリクシャー(トゥクトゥクのインド版)に見えてくる。

インド旅の懐かしい感覚が蘇るとともに。

知らない町を、
ひとりで歩いてる時の気分の良さ…

が、久々に蘇ってきた。(°_°)

ひとりで知らない町を歩いてる時の独特の開放感と心地よい緊張感

そうそう、ひとりでインドを旅する時はこんな気分で歩いてたんだった。


旅のモチベーションが落ちてたのは、
バンコク前半&ラオスと10日間ほど日本人の友達とずーっと一緒で楽しかった反面、

ずーっと賑やかで、ひとりで落ち着いてゆっくりする時間がほぼなかったから、

別の意味で精神的に疲れがたまってたのかも知れない。
(日本でもひとりになれないと疲れるタチなので)

アタマが切り替わらないまま、疲れたまま、ビエンチャンへ慌ただしく向かうのが、精神的にできなかったんだろうなぁ…。

でも、ここ2日ひとりで居て
(ようやく)

一人旅のスイッチが入ってきた。

f:id:namasutenina:20160407112007j:image
(とまったホステル。COOPhostelエアポートレールウェイに近くて便利。キレイだし、飲料水がFreeで助かる。
両隣がインドレストラン)

お金はかなり無駄にしちゃったけど、
この町に泊まって目的もなくぶらぶらして元気を取り戻せたのも、
タビノカミ(私のなかにいる旅神様)のお導きだったのかな。
ここがリトルインディアだったのも意味がある気がして。(どうでもいい下町なのですが。わざわざ来るとこじゃないし。たまたまだし。)

これからムスリムの国イランに行くわけだけど、
インシャーアラー(それは神様が決める事だから)》
な感覚ってきっとこんな感じ?

お腹が空いた。
そう言えば日本でずっと印度式ピラフのビリヤニが食べたかったのを思い出し、インドレストランへ入りたくなりました。

でも、インド料理はレストラン価格。
やっぱりタイの屋台メシの方が安いし、
イランはパキスタンの隣だからそっち方面に今から向かうわけだし。

イランにはプロフ(イラン式炊き込み御飯)があるらしいし。

ビリヤニはやめとこう…。
でもお腹すいたよー。
ラオスは麺と餅米が多かったから、タイのパラパラライスが食べたいな。


そうこう考えて歩いてるうちに、見知った賑やかな通りに出てきました。

屋台メシ通りだ!

f:id:namasutenina:20160407112938j:image

バンコク初日に、仲間たちとワイワイと食べたカオマンガイ(蒸し鶏ライス)の店に入る。
(有名なピンクのカオマンガイの隣の店。緑のカオマンガイの方です

f:id:namasutenina:20160407113154j:image

同じ値段なので蒸し鶏ハーフ&フライドチキンハーフのせ。
タイ料理といえばカオマンガイ〜!

ピンクのカオマンガイが有名だけど、わたしはあんまり違いはわからん!

どっちもウマイ。
f:id:namasutenina:20160407113308j:image

ピンクの店はいつも満員だけど、緑の店はガラすきで、落ち着いて食えるのがいいねw

あぁー、ひとりで食べるご飯って美味しい!(^◇^)

そうなの!!!
みんなで食べるご飯も美味しいけど、わたしはやっぱり孤独のグルメも大好きなの。

味がよくわかるってことは食事を楽しめてるってこと。
黙々とだまって食べてるうちに、だんだんテンションが上がってくる。

バンコクも主なところは仲間たちと見ちゃったから、

いま一人でどうでもいい場所をぶらつく余裕があるんだな。

そして、一人旅って、なんかこういうことだった。

そうだった。

本当にわたしはゆっくりペースだな〜。

時間もお金も、ちょっとそのぶんかかるけど
(はきはきしたアクティブ派なバックパッカーをたまに羨む。わたしはいちいちオドオド(しちゃう)・バックパッカー

でも、自分のペースに正直に動くこと、

こういうのが贅沢じゃないか!

f:id:namasutenina:20160407114040j:image

前向きな気持ちで眠りにつき、目覚めると、
巨大すぎて苦手意識のあったバンコクの街に初めて親しみが持てました。


なんだか、何もしてないようでいて、
いま自分で英気を養っている実感
元気になっていく自分を

客観的に、主観的に、しみじみ感じる。

明日の夜にはようやく東南アジアを出ます。


ラオスのヌードル225円(^◇^;)

汁そば一杯、15000kipな事がままあるラオス
せめて10,000kipなら…(ノ_<)

だってタイで90円で食べれてた汁そばがコッチでは225円てことでしょ!

日本でもそれくらいあればおにぎり2個買えるくらいだし。

うううう。

美味しいけど、

タイよりスパイスの刺激少なめでお腹に優しいけど

財布に響く…!!(ノ_<)

ラオスまた来たいけど結構きびしいなぁ〜!!
f:id:namasutenina:20160406132909j:plain

外食しないというラオスの人々だけど屋台の麺は結構食べてる。
本当に200円以上もするのを毎日食べてるのかな…。

しかし、のんびりと素の感じで

『15000kip』と言ってくる彼らにぼったくってるとかふっかけてるという意識はないっぽい。

試しに

『あの、10000kipではだめ?』と聞いてみると

『うーん、まあ10000でいいよ。』

って(^◇^;)

f:id:namasutenina:20160406133332j:plain

トンコツスープかと思ったら辛めのココナツミルクスープそばでした。

時々、一杯10000kipの店があるから、もしかしたら、観光客はちょっと上乗せされてるのかなぁー

めぼしい観光は全て済ませてしまったのであとやる事といえば

日本に大事なお土産を送って

f:id:namasutenina:20160406133657j:plain

郵便局へ行くと
『荷造り職人』みたいな担当の方が、荷物に合わせてダンボール箱をぴったりと包丁みたいなナイフで切りそろえて梱包してくれる。

そのぴっちりした仕事ぶりに、

『うん、無事に日本へ送ってくれるだろう!』と確信。

あとやっておきたい事といえば

f:id:namasutenina:20160406134100j:plain

お気に入りのラオスサンドイッチ。
具が肉味噌と豆腐サラダなどエスニック




f:id:namasutenina:20160406134210j:plain

具だくさーん!
とても好きなんだけど、20000kipだから300円するね〜(^◇^;)

(旅人としては二百円くらいでおさまると助かるところだが)

でもここで食べ収めだから食べとこ!

そして

ビアラーオで〆!ビアラーオは120円くらいだからまぁ、許容範囲。

f:id:namasutenina:20160406134608j:plain



いま時間に余裕はあるけど
財布に余裕がないものでヽ(´o`;

もう、食住(屋台と安宿)と交通費、以外にはラオスでは余裕ない〜。

なかなか節約が難しいラオスの観光。

旅行中はずっと小銭のことばっかりばっかり考えて生きてる(ノ_<)

でも長期の旅人はきっとみんなそーだよね。

日本でもすこしでも切り詰めて旅費の足しにしたいと思ってるし。

もはや早く物価の安い国でホッとしたい(笑)。

これから向かうイランは安いってよく聞くし。

でも1人になって、ひとりでゆったりしてるうちに、
友達と一緒に安心してる時とはまた別の、次の国に向かう英気と勇気がふつふつと湧いてきた感じです。

がんばろっ!

コブチャーイ(ありがとう)ラオス

4年ぶりのラオス(中国人が乱開発?)

さばぃでぃー。


しばらく投稿できていませんでしたが、

いまラオスで元気にノンビリしています(^^)
f:id:namasutenina:20160405144420j:plain


ラオスは織物がさかん。

チェンマイからバンコクへ移動した後、

ラオスルアンパバーンまで飛行機で飛びました。

4年前にアジア周遊をやった時以来、ルアンパバーンは2回目。
f:id:namasutenina:20160405144802j:plain

ゆったりとしたメコン川の流れる穏やかな国です。

緑が多くて、暑いけど最高に暑くなるのはこれからだから4月はちょっとまだ朝夕は涼しくてベストシーズン。(^o^)
しかも、観光客は少ないシーズンらしい。(^o^)

最高に暑くなる頃『ピーマイ ラーオ』ことラオスのお正月(ハイパーな水かけ祭り)なので、それまでのちょっとした静かな時期なのかな。
f:id:namasutenina:20160405145149j:plain


ルアンパバーンはさほど大きな街ではないし、
ラオスは派手なお国柄ではないので(南国だからカラフルだけど)

2回目の訪問を楽しめるかは、実はちょっと不安でした。



旅人的には、ラオスは移動費や観光にかかる費用がなにかと案外、高めな事とかもあって…。(^◇^;)
費用の事はパッカーならどうしても気になる。
(我ながらあまり節約の上手なバックパッカーではないしなぁ。欲しいものはすぐ買うし。)

f:id:namasutenina:20160405145734j:plain

ラオスはタイと大体同じ感じだよね〜』って言っていた人の言葉を妙に気にしてたりして。

だけど、来てみたら、

タイとラオス、やっぱり違いますね!

国が違うからと言うより、地方色として違うのかな?

でも、やっぱり国としての特色も違うと思う。

タイの挨拶 ありがとう「コップンカー」は

ラオスでは「コブチャーイ」。

タイの挨拶こんにちは「サバディカー」は

ラオスでは「サバィディー」。

(ちなみに「コブチャーイ」てお礼言うと「ライライ〜✋🏼」って返されるって事に今回気付いた)

酸っぱ辛かったタイ料理に比べて、

ラオス料理はそこまで辛くないしミントやフェンネルの優しい香りのハーブが料理に入ってる。
スパイシーさより爽やかな香り重視って感じ。

タイ料理とベトナム料理の中間な印象。

人の顔立ちや印象も、民族が色々いるとは言え、何となく違う。
f:id:namasutenina:20160405150701j:plain

仏像のデザインもタイで見たのとはまた違う。やたらアタマがピーン!と尖らせてあるし、表情も違うな。
前に見たカンボジアの仏像とも違う。

前回は初めてだったし、年に一度の特別なラオス正月真っ只中にきたせいもあって、全体的に賑やかだった。

それよりローシーズンのいまは、些細な細やかなところに目が向いて、また違った発見があるから、

楽しい(^^)

f:id:namasutenina:20160405151111j:plain


ちょうど学生時代からの友人が家族連れでラオスに遊びに来ていて、
ずっと一緒に行動していたから、余計リラックスムード。

穏やかなムード、気心知れた友達とその子供達も一緒。

2回目だと帰ってきたような気分もあって、前の旅の記憶が蘇り、懐かしい気持ち。

飽きる間もなく、竜宮城のようにルアンパバーンでの日々は流れていきます。

だけど今日からはまた一人旅に戻ります!

ゆるみっぱなしだったから、

きをひきしめないとー!

バンコクでもよく知った人達とワイワイ過ごしてたから、10日ぶりくらいに急にひとりにされると弱気になってる。

日本に帰っていく皆んなが羨ましいような………??

f:id:namasutenina:20160405151846j:plain

ひとりでラオスコピ(Coffee)飲んでせつない。

イカン、イカン!!(ノ_<)

旅の本番はこの後のシルクロード
東南アジア旅は前奏の筈なのに!
妙に弱気になってる。


きをひきしめないとー!

4年ぶりにラオスに来て感じた変化もある。

どんどん観光地として人気が出てきて、観光スポットが前より整備されてたり、

あと、中国系企業の進出がとても目につく。

4年前にわたしは、アジア周遊の途中にここらに来たんだけど、
中国の昆明からバスにのって、山の国境を越えてラオスに入ったんだった。

あの頃は国境付近までは中国の香りがしてたけど、ルアンパバーンはそうでもなかった。

印象として欧米人や日本人はたくさんラオス観光してたけど、中国の人々はラオスみたいな田舎の国に興味なさそうだった。

だけど今では中国人観光客が何処にもたくさんいるし、観光客相手の中華料理店が目立つ。

f:id:namasutenina:20160405152603j:plain

そもそも漢字表記がこんなになかった。

建設中のホテルなども中国系企業か多く関わっていそう。

もちろん、そうやってラオスが人気になってどんどん開発されて開けていくのは自然な成り行きだとは思うのだけど…。


f:id:namasutenina:20160405152955j:plain

見ていて、どうも乱開発されてる感じを、素人ながら感じてしまうのだった。

ひとりになった事だし

そろそろ、ルアンパバーンから出ないとと思って宿のスタッフに

ルアンパバーンから首都のビエンチャンまで行って、その後タイのバンコクへ行くんだけど安くていい方法はどんな感じでしょう?』

とたずねると

『夜行バスがありますけどね、……(間があって)先週くらいに長距離バスで大きな問題があった事は知っていますか?』

彼の口から『シューティング』という単語が聞こえたので

『えっ?!バス銃撃?!!』

と聞き返すと彼は渋い顔でうなづいた。

『いまは移動は気を付けた方がいいですよ。
過激派のソルジャーがあちこちで問題を起こしていますから。
しばらくすれば、すぐに落ち着くとは思うんですけどね、いまはこないだ銃撃があったばかりだから。
飛行機で飛んでもいいんじゃないですか?
旅は安全が第一ですよね…。(´・_・`)」

と言われてしまった。

確かにバス移動と飛行機ではバンコクまで2000円〜3000円ほどの違い。

陸路だと寝台バスで2泊3日かかるから体力的にハードだし、途中のメシ代なんかもかかる。同じとこへ向かうならいっそ飛行機でもいいくらいかな。
(ただ、お金で買えない面白い発見や出会いがあるのは陸路の方でバックパッカーはこれが醍醐味でもある。それに、貧乏旅行の2000円3000円はかなり大きい。日本でだってバイトで三千円稼ごうと思えばそれなりに頑張る必要ある事だし)

でも、2,000円以内でばんばん国内線が飛んでるタイやマレーシアと違って、ラオスは一万円弱どうしてもかかるから、高いんだよねぇ〜!
バス移動でも6千円はみといたほうがいい感じ。


それにしてもバスをソルジャーが銃撃って何事?
タイとの国境付近とかで揉めてるの?

宿スタッフとの会話ではそれ以上聞けなかったのと、わたしの英語はぜんぜんなので

ネットで検索してみた。

ちゃんと日本語のニュースで

ラオスで中国人への襲撃相次ぐ 中国企業の乱開発に反感か バス銃撃され6人負傷》

というニュースが目に飛び込んできて、

『あぁ〜…もうそんな事になってるんだ…』

と一気にブルーな気分に。

ラオス人を中国系企業が暴力で脅して働かせたり、無理な開発をしているらしい。それが反感を買った事が原因ではという事らしい。

ただニュースとして聞くのと、いま自分がこれから移動しようとしてるところでそうなっていると思うのとではリアリテイがぜんぜん違う。
生々しく怖いと思う。

なんで、すぐに力で言うこと聞かせようとするのかなぁ。

本当に協力して開発してほしいよ。かえって揉め事になって、誰も得をしないのに…。


昨日、観光移動中にたびたび目に付いた景色。
山の畑を切り開いて大きな施設が建設途中だった、そこに中国系企業らしい漢字の表記が大きくあったのがが思い出される。


怖いし、腹がたつ。

ただ、バスが銃撃されたのはかなり北部で中国からきた、ほぼ中国人が乗っているのが確実に解ってるバスであろう。(推測)
ヨーロピアンなどが多く乗る南部行きのツーリストバスが狙われる可能性はかなり低いのではなかろうか。


色々調べて、幾つか旅行会社を訪ねて、
結局わたしはバスで移動してもいいかな、と思い始めた。


ただ、暑さに弱いわたしは、あと2日南部へ向かって太陽の下を移動する時のめんどくささや
(夜行移動なので日中は灼熱の街で出歩かないといけない。それがめんどい。)
この中国人との対立のニュースと、
更にひとりになった心細さで、どうにもあと2日の移動続きがおっくうで……

中々気持ちが、イキイキと張り切った旅人モードへ切り替わらなかった。


中国は3回行ってるし、すごいと思うし、昔はすごく豊かな文化を持ってたし、尊敬したいのに、なかなか出来ないよ〜。

いまの中国にはあまり心の豊かさや文化の豊かさを感じられない。本当に全てしまったの?

インドやロシアは問題もたくさんあるけれど、だからこそ苦しみを慰める文化や苦労を知ってる人の心の深みを垣間見る瞬間が多々あった。


旅の間で、親切にしてくれた中国の人は居たし、中国の文化はわたしは本当はすごく興味があるんだけど(3回行ってまた行きたいし、中国語解ったらいいなと思うし)

でもそれを隔たせる人や問題が多過ぎるよーー。
しかもそれが年々酷くなっていくような気がする。
気がする、というより実感する。



でも、中国の人々は人生の切なさや哀しさをどうやって慰めたり、癒してるんだろうか。

人を抑えつけたり痛めつけて奪ったりしたもので心が満足するだろうか。
(どこの国もそうだけど)


それは文化や芸術であったり、ひとの苦しみを慮る心の奥行きでしかないと思うんだけどなぁ…。


改めて、

お金や暴力には力があるけれど、
(力がありすぎる)

いちばん大事な事はそれでは手に入らないんだな、、、と思わされました。

今後のラオスがどうなっていくのか、今回来た事で、
少しは他人事ではなくなった気持ちです。

何が出来るわけじゃないけどこの『少しは他人事ではないと思うようになった気持ち』が大事なんだと、思いたい。

ラオスで元気にしています。

テスト投稿です。
Wi-Fiつながるのにブログアプリが不調で日記更新ができてませんでした(^◇^;)理由不明f:id:namasutenina:20160405120116j:plain